カテゴリー:確定申告の記事一覧

カテゴリー:確定申告
ワンストップ特例制度の申請期限(締め切り)はいつ?

ワンストップ特例制度申請期限は翌年1月10日

 

今年の12月31日までにふるさと納税をした方で「ワンストップ特例制度」を行う方はご注意ください。

 

ワンストップ特例制度って何?って方は過去記事をご参考くださいね。

 

必要書類の送る期限(申請の締め切り)は翌年の1月10日必着となっていますので、余裕をもって早めに送るようにしましょう。

 

万が一、1月10日までに届かなかったら?

 

安心してください。1月10日必着に間に合わなかったら、そのあとの「確定申告」で税額控除の手続きをすれば大丈夫ですヽ(〃▽〃)ノ

 

また、今年度分のふるさと納税の締切は12月31日ですが、確実に支払が完了したものが控除の対象となります。クレジットカード支払いが確実だと思いますが、コンビニ支払とかペイジー決済の場合は入金した時点で手続き完了です。

 

年末ギリギリは何かと不具合で支払が遅れる場合も想定されますので、控除上限額の目安を確認して余裕を持って早めにふるさと納税をやってしまいましょう。

 

【これは便利】ふるさと納税の確定申告が簡単にできます!

昨年のふるさと納税の確定申告をしなくちゃって思ってる方も多いはず。
↑ ↑ ↑
ワンストップ特例制度ではなく「確定申告」する必要のある人。

 

サラリーマンなど、確定申告なんてしたことないって方もいると思いますが、そんな方にこそ使って欲しいサービスがあります。

 

それが、さとふるの「ふるさと納税専用カンタン確定申告

※さとふるの会員になっていない方でも利用できます。

 

ふるさと納税専用カンタン確定申告

 

このページの下の方に、

3つのチェック項目を確認の上、内容に合意します。にチェックを入れてその下の「確定申告作成をはじめる」ボタンを押してください。

確定申告書作成をはじめる

 

次のページでは、住所や給与所得情報、実際にふるさと納税した納税情報などを記入していきますが、既にさとふるの会員になっている方は、上のほうにある「ご登録済み情報反映ボタン」を押すと便利です。

ご登録済み情報反映ボタン

 

さとふるの会員になっていない方は、各必須項目を記入していけば大丈夫です。住所など間違い無いようにきちんと確認して記入してくださいね。

 

住所記入の下の「給与所得情報」のところは、年末にもらった源泉徴収票を見ながら記入するだけです。
給与所得情報

 

1番したの「ふるさと納税情報」のところは、3自治体以上にふるさと納税をしている人は必ず、【はい】のほうにチェック入れて下さい。※最初は【いいえ】になっています。

ワンストップ特例制度し忘れた方や、確定申告する方はココ要チェックです。

3自治体以上にふるさと納税をしている人は必ず、【はい】のほうにチェック。

 

ここまでくれば、あとは次の画面で入力確認して、「この内容で確定申告のPDFを作成する」を押せばOKです。

この内容で確定申告のPDFを作成する

 

最終画面です。「確定申告PDFをダウンロードする」を押してPDFをダウンロードしましょう。ダウンロードしたPDFファイルを印刷して税務署に送れば完了です。

確定申告PDFをダウンロードする

 

この最後のページには、印刷した確定申告書と一緒に送付する書類の事が書いてあるのでよく読んでくださいね。【プリントアウト後にやること】必読です。

・氏名欄に捺印

・個人番号欄にマイナンバーを自筆で記入

・添付書類台紙にマイナンバー証明用の本人確認書類を貼りつける

など。

 

プリントアウトした確定申告書と一緒に「添付書類台紙」もありますので、それを見ながらやっていけばカンタンです。

 

それから、確定申告書の控えも一緒にありますし、カンタン確定申告ご提出までのチェックシートもありますので安心してください。印刷物は全部で7ページあります。

 

かかる時間ですが、「源泉徴収票」と、ふるさと納税したあとに送られて来る各自治体からの「封書」を用意しておけば、5分はちょっと無理でも10分か15分で出来ると思います(≧◇≦)ノ

 

 

まだ間に合うふるさと納税

[ふるさと納税と返礼品] ブログ村キーワード

ふるさと納税は12月が一番多いそうです。なんと、その年度の3分の1が12月度に集中だとか・・・Σ( ̄ロ ̄lll)

 

じゃ、年度末ギリギリまでOKなのかといえばそうじゃないんです。例えば銀行振り込みや郵便振替でふるさと納税しようとしても、手続きに日数が掛かったりとかで年内に間に合わない事も。

 

そんな時はクレジットカードでふるさと納税すれば年内に間に合います。わりとギリギリまでOKなんだとか。ただ、30日とか31日はさすがにギリギリすぎて間に合わない事もあるかもしれませんのでこのあたりは自己責任で。

クレジットカード

 

クレジットカードを持っていない方は、楽天カードがおすすめです。年会費永年無料だし、カードを作った際に楽天ポイントが5,000ポイントとか多い時で8,000ポイントがもらえるから。クレジットカードで納税すれば、もちろんポイントも貰えるので二重でお得ですね。
↓今ならこれだけポイントがもらえます↓

 

せっかくふるさと納税しても、翌年の確定申告に間に合わないということもあるので、できるだけ早めに済ませてしまうのが吉ですね。ワンストップ納税についても、提出する書類は翌年の1月10日までに必着ということです。受領書が自宅に送られてくるのが遅れた場合、自治体に送り返す書類を発送するのが当然遅れてしまいます。

 

そうならないためにも、出来れば12月の中頃までにはふるさと納税してしまいましょう。
ふるなびでふるさと納税
 家電(高額商品)の扱いが多い
さとふるでふるさと納税
 きめ細かなサービスで人気
楽天でふるさと納税
 楽天ポイント方や楽天カードを持っているとお得