とく子@ふるさと納税大好きが投稿した記事一覧

  • 投稿者 : とく子@ふるさと納税大好き
投稿者:とく子@ふるさと納税大好き
ふるさと納税 墓参り代行サービスや返礼品にお墓を出してる自治体

ずっと田舎に帰ってない・・・田舎にあるお墓放ったらかしだったなぁ~
でも、そう何度も帰郷できないし(。>_<。)親戚に頼むにも気を使ってなかなか言えない・・「自分の代わりに誰かお墓参りに行ってくれないかなぁ?」
(自分がお墓に入る時は子供に墓参りの苦労させたくないなぁ)

 

お墓に関する価値観は変わったと言うけれど、苔や草が先祖の墓に生えたまま放置しておくのは気になる・・・こんな人にピッタリの「ふるさと納税」の返礼サービスを提供している自治体が増えてるのを知っていますか?

 

ふるさと納税の中には、返礼品として物を貰うだけじゃなく「こんな事を代わりにやって貰えたら嬉しいなー」と思う代行サービスもあるんです。

 

■さとふる

 

掃除や墓参りを代行してくれるサービスがふるさと納税で出来る

さとふる 「ふるさと納税 お墓」で検索

 

■楽天のもふるさと納税の中にも「墓参り代行サービス」を発見!
楽天のふるさと納税で「お墓」検索

 

「ふるさと納税」のお墓に関するサービス

・お墓の掃除を代行してくれるサービス
・お墓参りを代わりにやってくれるサービス
・写真を撮って現状を報告してくれるサービス

 

但し、お墓参りしてもらえるのは墓所対象地域だけ

■ふるさと納税で墓参り代行・掃除代行してくれる自治体

長崎県松浦市、岡山県西粟倉村、大阪府豊能町(大阪府北部・兵庫県南東部の地域)、大阪府枚方市、兵庫県加西市、三重県伊賀市、徳島県牟岐町、福岡県朝倉市、千葉県習志野市、千葉県長柄町、長野県高山村、宮崎県宮崎市、宮崎県宮崎市、北海道紋別市、鹿児島県徳之島町、福島県須賀川市 など 

-さとふるより抜粋-

 

もしも、あなたのお墓のある場所がサービスを提供している自治体ならば1度頼んでみるのはいかがでしょう?

 

お墓参り・掃除代行サービスはこんな人が利用している

実家で一人暮らしをしている父が腰痛で、お墓参りする事が出来なくなった。代わりに掃除に行きたいけれど、田舎が遠いのと休みが取れないので困っていた人

 

近所にある草ボウボウのお墓を見て、急に自分の実家の墓の状態が気になった人

 

お墓のある場所の傾斜が酷いので、なかなか墓に行けなかった人

 

ふるさとに納税して代わりに「お墓参り」をしてもらうと地域の人材派遣センターで働く人達の収入にもなります。

 

【番外編】
ペットのお墓が返礼品になってるもの(墓石)
お墓そのものが返礼品(永代供養付き)
長野県小諸市のふるさと納税24万円以上の寄付※墓の管理は市が行う

 

ふるさと納税は楽天が絶対お得!おすすめの理由は3つ

ふるさと納税はどこでしたら良いのかわからない。どこでもいいや!って方なら、楽天のふるさと納税が絶対お得です。

 

今回は「楽天のふるさと納税をするとこんなお得なことが3つありますよ」そんな内容です。

 

 

【おすすめ理由1】ふるさと納税を楽天でするとポイントが還元される

 

楽天でふるさと納税をすると基本的に1%のポイントがもらえます。例えば10,000円のふるさと納税をしたら楽天スーパーポイントとして100円分のポイントがもらえます。
※10万円なら1,000円分のポイント

 

他のふるさと納税を取り扱っているところ、例えば「さとふる」「ふるなび」「ふるさとチョイス」などでは、こういったポイントはもらえません。

 

これだけでもお得感があると思いませんか?

 

 

【おすすめ理由2】ふるさと納税の支払に楽天カードを使うとポイント2倍

 

通常の支払だと、ポイント1%ですが、楽天カードを使って支払いをするとポイントは2倍になります。つまり2%ですね。

 

例えば10,000円のふるさと納税なら2%なので、200円分の楽天スーパーポイントがもらえます。これが20万円なら2,000円分のポイントがもらえますよ。

 

ふるさと納税は実質2,000円で返礼品がもらえるのでお得です。

 

ふるさと納税を20万円できる方なら、楽天のふるさと納税を楽天カードを使って支払いするだけで、スーパーポイント2,000円分もらえるので、実質2,000円がタダになります。

 

楽天カードは楽天市場での買物でももちろんお得です。年会費無料なので1枚作っておくといいですよ。

 

注意する点としては、ふるさと納税する方の名義で楽天カードを作る事です。ふるさと納税をする人と決済する楽天カードの名義が違うと、地方自治体によっては「寄付金控除」が無効になる場合があります。

 

【おすすめ理由3】ふるさと納税は楽天のキャンペーン時期にするべし

 

楽天市場は3ヶ月に1回ぐらい、ちょっと大きめのキャンペーンをやっています。だいたい3月、6月、9月、11月ですね。

 

この時のキャンペーンはポイントが何倍にもなるうえに、「買いまわり」も利用するとさらにポイントが何倍にもなります。

 

2017年度までは、ふるさと納税ポイント10倍キャンペーンがあったのですが、現在は残念ながら廃止されています。

 

ポイント10倍は無くなってしまいましたが、それでも普通の楽天市場の買物と合わせたりしてふるさと納税もすると、ポイント4倍ってこともあります。

 

今回のおさらい

 

・楽天でふるさと納税すると楽天スーパーポイントが1%還元される
・さらに決済に楽天カードを使うとポイントが2倍になる
・楽天のキャンペーン時期にふるさと納税するとポイントが最大4倍

 

塵も積もれば山となるポイントをもらわないと損ですよ。

今年は楽天カードを作って、楽天市場のふるさと納税に挑戦しませんか?

 

追伸)
下記は還元率も良いし、奥様や彼女にプレンゼとしても喜ばれますよ♪

 

ふるさと納税の金額は36,000円ですが、通常で20,000円以上、最安だと16,000円ぐらいの価格なので還元率良いです。

ふるさと納税 ゴルフクラブやパターがある自治体

ふるさと納税で各自治体がいろんな返礼品を用意してますが、今回は「ゴルフクラブやパター」を用意しているところをご紹介します。

 

■さとふる
ふるさと納税 さとふるゴルフクラブ パター一覧
ふるさと納税 さとふるゴルフクラブ パター一覧

 

■楽天

楽天 ゴルフクラブやパターがある自治体一覧
楽天 ゴルフクラブやパターがある自治体一覧

 

どちらもゴルフクラブやパターはもちろんのこと、自宅で練習できる「パット練習場」や「アプローチ練習ネット」も結構ありますね。

 

他にも「スイング加速器」などもありましたヽ(≧▽≦)ノ

 

ふるさと納税は年末は損? 1~3月のほうがお特な3つの理由

ふるさと納税は年末は損? 1~3月のほうがお特

 

ふるさと納税は年末にする人が多いですが、本当は年が明けての1~3月が意外とお得なんです。もちろん、年末にしかない商品もあるので絶対年末が損ってこともありません。

 

ではなぜ1~3月がお得かというと、
・商品の在庫切れが少ない。年末の在庫切れが復活。
・自治体の年度末キャンペーンがある。
・旬の商品の受け付けが開始される。

 

などの理由があります。

 

これが年末だと、ゆっくりと商品を吟味している間に「在庫切れ~(泣)」ってこともあります。なので、えいやっ!って注文した後にしまった、こっちのほうが良かったということも。

 

それから、ふるさと納税関係者の話によると自治体によっては年度末にキャンペーンをするところもあるそうです。「寄付金が少ないぞ~、なんとかしろ~」ってことですね^^

 

最後は、春になると旬になる野菜や果物がたくさん出てくることですね。

3月 | お礼品 | ふるさと納税なら「さとふる」

 

年末と違って、寄付金がどれだけできるのかがまだ確定していない1~3月の注意点としては、寄付金限度額の半分程度にしておくのがオススメです。残りは年末で調整するのがお得な方法ですよー。

2017年度分のワンストップ特例申請書は2018年1月10日必着

ワンストップ特例申請は早めに郵送しましょう

 

今年2017年度のふるさと納税でワンストップ特例制度を使う方は早めに申請用紙を郵送しましょう。

 

このワンストップ特例申請申請用紙と一緒に、本人確認書類を貼り付けたり同封する必要があるのでお忘れなく。
ふるさと納税ワンストップ特例制度についての詳細ページ

 

(↑このページに詳しく書いてあります)

 

わたしは既に送付済み♪

数日前に郵送完了しました♪

 

特に今年の年末は郵便物が遅れ気味になっているようです。通販大手のAmazonや他の企業が、ヤマト運輸や佐川急便からゆうパックに変更したことが理由です。

 

噂によると、ゆうパックと追跡付き郵便物の配達を優先し、普通郵便は後回し(持ち帰るor持ち出せない)になっているそうです。

 

なので、2017年度分のワンストップ特例申請書は2018年1月10日必着になっているにもかかわらず、ギリギリだと1月10日に届かない恐れがあります。

 

せっかくのワンストップ特例制度が必着日に間に合わない場合、確定申告が必要になります。

 

年末ギリギリにふるさと納税した場合は、ワンストップ特例申請書が送られてくるのが年明けになり、1月10日必着に間に合いません。そんな時は、サイトから申請書をダウンロードして郵送すれば大丈夫です。
申請用紙(寄附金税額控除に係る申告特例申請書PDF)はこちらのページ中程にあります

 

注意:ダウンロードした申請用紙は全て記入する必要があります
(※)送られてくる申請用紙には既にあなたの住所などが印刷されているので、マイナンバーを記入して捺印、あとはチェック2箇所のみでOKです。

 

が、見本があるのでとても簡単です♪

↓下記見本です。

ワンストップ特例申請用紙記入例

 

ふるさと納税ワンストップ特例制度の申請はお早めに♪
以上「2017年度分のワンストップ特例申請書は2018年1月10日必着」でした。

 

追記:2017/12/28
ワンストップ特例申請用紙が間に合わない場合でもご安心ください。
下記ページでカンタンに確定申告ができます(2018年1月末サービス開始)。

5分でできるカンタン確定申告