この記事は約 3 分で読めます ( 約 1255 文字 )

昨年度はふるさと納税がちょっとしたフィーバーだったようですね。

昨年の平成28年度は、平成27年度と比べて約4倍の寄付金だったとか。

 

テレビでも紹介されていたので見たって方も多いと思いますが、「やらなきゃっ」って何も考えずに、ふるさと納税しちゃうと思わぬ落とし穴があるので注意してくださいね。

 

【落とし穴 その1】

必ず確認して欲しいことは、あなたの寄付金額の【限度額】。年収いくらだから一概にいくらが限度額って言い切れないんです。住宅ローンや医療費、扶養控除などがあるので。

 

 

ざっくりと年収500万だと寄付金額の目安は4万円程度です。年収が倍の1,000万だと15万6,000円ぐらいですが、寄付金額は3倍ぐらいになってます。

 

これからわかるように、年収が高いほど寄付金額の限度額も多くなります。年収5,000万だと200万円ちょっと。年収500万の場合と比べて50倍です^^

 

話戻します・・・、この寄付金額の限度額を超えないように注意しましょう。

 

【落とし穴 その2】

あと、ワンストップ特例制度が使えるのは、寄付できる自治体が5自治体まで。6自治体になるとこのワンストップ特例制度は使えません。知らずにあちこちの自治体にしてしまっって6自治体以上になってしまったよ。って方は確定申告をする必要があります。でないと、控除されません。

 

よく勘違いされるのは、5自治体までなので、同じ自治体に何回ふるさと納税してもカウントは1です。ふるさと納税した回数じゃないので注意してくださいね。

例えば、Aという自治体に5回寄付したとしても、1とカウントされます。

あと4つの自治体にふるさと納税できます。(←ワンストップ特例制度を使うなら)

 

【落とし穴 その3】

ふるさと納税は、翌年度の所得税と住民税の一部を先払いしているようなものです。つまり税金の一部の前払いなんですね。しかも、年末ギリギリまでふるさと納税できるのはクレジットカード決済なんです。

 

計画的にクレジットカードを使わないとあとで痛い目に合うかもしれません。例えば、リボ払いなんかにしてて、毎月何千円かの支払いにしてると利息が高いので注意してくださいね。

 

一括払いが絶対良いのですが、それでも翌月か翌々月に、どかんと引き落としされるので計画的に。

 

【落とし穴 その4】

限度額の事は上で書いたのですが、それに関連したことです。今年の年収は年末に近くならないと本当の限度額は正確にわかりません。

これだけ年収あるだろうと思っていても、何らかの事情で年収が減ってしまう場合ってありますよね?

 

 

年初めにどかんと一気にふるさと納税するのは危険です。

 

【そうは言っても】

寄付金額の合計から2,000円を引いた金額がまるまる控除されて、特産品とかのお礼品がもらえるので、これは絶対やったほうがお得です。

実質2,000円でいろんなものが貰えるんですからね。

 

あと、季節的な特産品もあるので、年末ギリギリにするより、やはり計画的にふるさと納税してくださいね。今だと美味しいイチゴが送られて来る自治体もありますよ。

 

 

 

The following two tabs change content below.
とく子@ふるさと納税大好き

とく子@ふるさと納税大好き

お得な情報大好きな40代主婦です。今までふるさと納税って言葉は知っていたけれどどうやって頼んだらいいのか?知らなくてそのまま納税してました。まさか・・・こんなに得するものだったなんてΣ( ̄ロ ̄lll)今では親戚にもやらなきゃ損だよ~!って言いまくっています。実際にもらったお礼品も載せているので、皆さんの参考になれば嬉しいな~♪